FC2ブログ

女性上位万歳

男が女性に嬲られる妄想を小説とCGで掲載しています(20才未満の方、気分を害される方は速やかに退場して下さい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AVスター誕生


裸踊り秘密の公開練習

立也レッスン00


レッスンルームの鏡はマジックミラーになっていて、スポンサーや重役陣が
立也の裸踊りの覗き見を楽しんでした。


「チンポだけじゃなく、金玉も見てくださいね^^
 立也のタマタマは立派なお袋さんなんですよ!」

「皆んなに覗かれてるとも知らずに、あんなにハッスルしちゃって!」

「詩子社長、今度うちの男子シャワー室も覗きに来てくださいね^^
 全部マジックミラーに変えさせたから、若い男のチンポが見放題よ!」



女性も覗きが、お好きなようですね☆

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

  1. 2015/07/17(金) 12:31:32|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新しい社会

自己PR

全員の自己紹介が終わると、PRタイムが始まった。

自らペニスを手淫で勃起させながら、珍芸や性壁の告白を
射精するまで間に、どれだけプライドを捨て切れるかが採点の
基準になった。

応募者たちは恥ずかしさのあまり、顔を真っ赤にしながら
カメラに向かってオナニーショーを披露した。

「3番の速水です。
僕のチンポは皆様に見ていただいていると想像するだけで
ご覧のようにビンビンにおっ勃ってま〜す!
クンニが大好きな変態男のお射精をどうぞご覧くださ〜い!」

家族には見せられない恥ずかしい姿を、高画像カメラが全て記録していった。

面接シーン03

「しゅんのチ、チンポ逝きま〜す!!」


「彼のザーメン、すっごい量ねぇ〜」

「なかなかスケベそうな、良いチンポしてるじゃな〜い」

「チンポを使った宴会芸なんか、覚えたら人気が出るんじゃな〜い^^」


女子社員たちの妄想が始まった。
  1. 2015/07/01(水) 23:59:49|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい社会

社内公開面接

2次審査は高性能カメラによりライブで社内中継され、全社員による投票で
採用を決める事になっていた。

採点は、応募者たちの全裸による自己紹介とオナニーしながらの自己PRが採点基準になっていた。

自己紹介は全裸で足を肩幅以上に大きく開き、手は頭の後ろが基準ポーズで
住所氏名、学歴、陰茎のサイズ〜勃起時のサイズ、女性経験、性癖、
1日のオナニー回数を大きな声で発表しなければならなかった。

「東京都江東区◯◯○、速水しゅん、42歳、前職は板前です
チンポのサイズは8cm、勃起をすると15cmです、、、」

「声が小さい!もっと大きな声で全国1000人の社員が品定めしやすいように
堂々とカメラに向かってチンポ突き出しなさいよ!」
あき子が応募者に叱咤した。

あまりの恥ずかしさにカメラに顔を背けてしまった。

「どうしたのぉ?ちゃんとカメラ目線で笑顔を忘れずにね!」
詩子が更に追い打ちをかけ、羞恥心を責め立てた。


モニターをギラギラした視線で見ている全国の審査員たちは、プライドを捨てきれず
カメラの前で羞恥に悶える獲物に欲情した視線を向けながら

「見て!2番の彼、包茎じゃな〜い!!皮かむりじゃ減点ね」

「3番の速水君なんてカリ太で、好みのチンポだわぁ〜」

「1番なんて、恥ずかしそうな顔してる割に半勃ちしてるじゃな〜い!」

卑猥な感想を口にした。


面接会場シーン03
  1. 2015/07/01(水) 17:30:19|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社長清美:ショートストーリー5

オーディション

清美が経営する”女性専用ストリップ劇場”の裏口には
「負け犬達のオナニーショー」のオーディションに参加するための
列が続いていた。

仕事に溢れた情けない男達はパン1切れのギャラと引換えに
砂粒程の”男のプライド”を捨て、まともな男なら出来ない様な
行為を大勢の女性達の前で曝さなければならなかった。

「とっ、東京都出身、松山○○、35才
○○大学卒、最終職歴○○物産:営業部課長補佐
童貞喪失18才、女性経験じゅ、15人、
チン長7cm、カリ廻り10cm、、、
ご、ご覧下さい!これがマラ搾りは毎日かかさない
○○自慢のモロチンポどえ~すっ!!」

先日までエリートだった男は仕事欲しさにプライドを捨て
頭の後で手を組んだまま腰を突き出し、ガニ股で全てを
さらけ出した股ぐらを”ヘコヘコ”前後にコキ出した。

「顔真っ赤にして恥ずかしそうにチンポ振る姿が可愛いわ~」

「見て!恥ずかしそうな顔してる割にチンポが起ってきたわよ~」

「けっこうマゾっ気ありそうね
今度の企画”チンポ犬嬲り”には持ってこいかも?」


清美を含めた3人の面接官はアマゾネス好みの獲物にほくそ笑んだ。


オーディション2


「おまえ人間のプライドなんてもう必要ないだろ?
犬みたいにベロ出して”ちんちん”して見せろよ!」


「おまえのペニス、ビンビンじゃな~い!
よっぽど”ちんちん”してチンチン曝すのがお気に入りみたいね~」


「ほらっ、今度は犬みたいに片足上げてションベンぶっコイて
人間捨て切ったとこ曝してみろよ!」



テーマ:女性上位万歳を再開いたしました。 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/11/23(月) 22:00:30|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

社長清美:ショートストーリー4

お触りタイム

「負け犬達のオナニーショー」は見るだけではなく
直接”男芸者”を嬲る事が出来るのも人気の理由とも言える。

マダム達の蔑む視線のなか、涙ながらに自らの崩壊を曝し
嘲笑い喝采を浴びると直ぐさま次の試練が待ち構えていた。

両手と首を枷で固定され上半身の身動きを取れなくされる。
そして客席に下ろされ、射精したばかりで敏感になっている
ペニスや睾丸を好き勝手に嬲らせなければならないのである。

お触りタイムの制限時間はなく、2発目の射精を披露するまで
客席の端から端までを恥をさらしながら嬲り物にならなければ
ならないのである。

目の前に男芸者が消え入りたそうな顔でペニスを突き出すと
一人のマダムが横から手を出し

「なに~もうタマタマ上がりきっちゃってるじゃな~いっ!」

ホクホク顔で睾丸を揉みしだいた。

「どうぉ?ここ、尿道クリクリされると感じちゃうでしょ~!!」

正面のマダムが容赦なく敏感になっている亀頭を、尿道中心に
素早く撫で嬲った。

お触りタイム

「あヒィ~っ!くっくくウ~っ!!だっダメぇ~」

その後サディスチャン達の好奇の目に曝されながら”男の潮吹き”を
幾度と無く繰り返されるのだった。

テーマ:女性上位万歳を再開いたしました。 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/10/14(水) 19:54:13|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

無修正おすすめサイト




ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX




最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
お知らせ (9)
CG (22)
小説 (12)
ショートストーリー (14)
過去物 (6)
CM (23)
コラ (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。