FC2ブログ

女性上位万歳

男が女性に嬲られる妄想を小説とCGで掲載しています(20才未満の方、気分を害される方は速やかに退場して下さい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新しい社会

新しい社会

 20XX年、日本初の女性大統領が誕生して10年の年月が経とうとしていた。

男性社会は過去のものとなり、今や有能な女性たちが時代を闊歩していた。
男性の求人は肉体労働、サービス業や清掃業など、かつて3Kと言われた業種しかなく、しかも仕事にありつけるのは10人に1人という過酷なものだった。

1次面接
—前社長の意志を継ぎ、小林詩子は着実に事業を拡張していった。
(接待係5名急募!)の貼り紙に50名の男性が面接に群がった。

1次面接は1人づつ会議室に呼ばれ、社長の小林詩子と人事部長の古田あき子が直々に行い、10名ほど選出されることになっていた。

応募者(以降A)に向かい詩子は「年齢や学歴は問いません、貴方のわが社に対する覚悟を見せてください!」と威圧感のある厳しい口調で言った。

どうしていいか戸惑うAに、あき子が「何の覚悟もなく、ここへ来たわけじゃないでしょ!」と叱咤した。

「じゃあ、助け舟を出しましょう」詩子は穏やかに言った。

「あき子さん、貴女ならどうやって覚悟を見せると思う」

あき子は「そうですうねぇ、私なら着ているものを全て脱いで素っ裸になって、
私の身を全て会社に捧げます!と言いますね」

「素晴らしいわ!さすがねぇ」大げさに詩子は関心して見せた。

二人のやりとりに戸惑っているAに、あき子が
「どうしたの?今の私の助言きいてたでしょ?
ほら、早くあなたの覚悟を見せなさいよ!」と威圧した。

「もういいわ!次の人を呼んで頂戴!」詩子が言った。

Aは「待ってください!脱ぎます、、、」ためらいながら服に手をかけた。

「何か無理やり脱がしてるみたいでイヤだわ!」あき子が言った。

「ち、違います僕の覚悟を見てください!」そう言って、そそくさと服を脱いだ。

全てを脱いだAは、恥ずかしさのあまり股間を手で覆って下を向いた。

「何してるの?早く手を頭の後ろで組んで貴方の覚悟を見せなさいよ!」あき子が催促すると、おずおずと手を頭の後ろに持って行った。

「じゃぁ、そのまま大きな声で自己紹介して」とスマホの動画を起動しながら、詩子が続けた。

Aはあまりの羞恥に下半身が反応し出していた。

「何それ?面接中にチンポおっ勃たせて、どういう事!」

あき子がAの勃起したペニスを見ながら叱咤した。



面接シーン02

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2015/06/28(日) 16:05:57|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社長清美

 何件もの飲食店を持つ女性実業家「清美」37歳
170センチの長身に長い足を持ち、切れ長の目が印象的な女王様タイプである。
彼女は闇金融の知り合いから新しい獲物(借用権)を手に入れた。
獲物は25歳のフリーター「サトル」180センチの長身に筋肉質の身体が、
清美と友人(女性株主)のチンポ狩人達の嗜好をかきたてる。

今日はさとるが面接(獲物の身体検査)を受ける日である。
面接は社長の清美と同じ性的嗜好を持つ女性株主5人でいつも行われている。
そんな面接官達がさとるを囲むようにソファーに座って上から下まで
値踏みする様に冷たく濡れた視線を這わせた。

「あなた、もし私がこの借用書を譲り受けなかったら今頃、海の底よ!」
清美の静かで威圧的な声がフロアに広がる。
「私たちの命令は絶対服従、後は無いのよ!面接で気に入らな
かったら闇金に借用書を返すから、そのつもりで。」

さとるは女たちの舐めるような冷たい視線に怯えていた。

「どうしたの?返事も出来ないのかしら~ん?」
威圧的で、からかいの混じった声が後ろから聞こえてくる。
サトルは「は、はい、、、」と小さく頷くのが精一杯だった。
「そぉ~お。判ってくれたみたいねぇ~、自分の立場が。」
清美はそう言うと「命令」を続けた。

「では、さっさと面接をしましょうか?まずは身体検査よ。パンツ1枚になってみて。」
「えっ?」サトルは聞き返した。
「裸になれと命令したのよ!価値があるか身体を見なきゃ~判らないでしょ!」
「早くしなさいよ~!」横からも威圧的な声がする。
さとるは、おずおずと服を脱いでいった。
しかしジーンズを脱ぐ途中で手が止まってしまう。
すかさずマダム達から「さとるのモッコリはどんなのかな~?」
「なに勿体ぶってるの!」と野次が飛ぶ。

最後の1枚だけ残して裸になると

「へぇ~え、カルバンクラインのビキニなのね。ちんぼの形がくっきり浮き出てるわよ~ん」
「ターンしてこっちにも前を見せなさいよ!」とマダム達の声が多くなる。
そして清美から「ビキニ1枚のとこを撮影するから頭の後ろで
手を組んで下さらないかしら。」と恥ずかしいポーズを強要された。

「そ、そんな!」動揺しているさとるに
「ヌードを撮って記録するのは、ここでは当たり前なの!
ふふっ、それにさっきからビデオカメラで全部撮ってるのよぉ」
清美言葉にさとるは観念して手を組んだ。
その途端フラッシュが情けない姿を記録していく。

「さぁ~、そろそろいいかしらぁ~ん!」
清美が言う前に、すでに女性面接官達の目は1点に集中している。
女達が口々に
「早く、お披露目しなさよ!」
「剥けてなくちゃ、失格よ!」
「逞しいシンボル、見せてみなさいよ!」
と言葉でサトルの羞恥心を嬲った。
そして清美がブリーフに手をかけ
「サトルの男っぷり見せなさいよ!」と一気にずりさげた。

心の準備もなく、サトルの半起ちペニスがマダム達に披露された。

「ああっ!」と同様すると清美が一括
「じっとしなさい!」とサトルに命令した。
マダム達が続いて
「半立ちのチンポ、かわいいわよ!」
「カリは太いのね~」
「まぁ!金玉まで毛が生えてるじゃな~い」
と冷やかされてさとるのペニスも反応して膨らんできている

清美は「これから、ちんぼの品定めよ~ん!チン長やカリ回りを測るからね!」

測定係りのマダムが
「まだ完全に勃起してないわね。チン長12センチよ!」
「カリは8センチ。」
と報告しながら嬉しそうに記録していく。

「次は、ちんぼ丸出しの写真撮影ね!うん~と恥ずかしい格好見せてもらうわ。」
と清美が羞恥言葉で責める。

「まずはペニスと金玉丸出しのM字開脚からよ~ん!」と更に羞恥に追い討ちをかけた。

横からビデオで撮影しているマダムが
「あなたの新人ホスト用のPRビデオも撮ってるから、こう言ってもらえないかしら」
と耳元に恥ずかしい台詞を囁いた。

躊躇しているサトルに構わず、撮影係りのマダムは羞恥心を煽るように
「カメラ目線でお願いね!3,2,1スタート」
と大げさにアクションしてみせた。

顔を引きつらせながら
「あ、あたらしく入店したしました、サトル、25歳です。
ご指名していただければ、ごらんの様にチンボ丸出しでサービスいたします。」
と恥ずかしい説明をする。
更に追い討ちをかけるように、もう一人のマダムが
「まだ続きがあるでしょ!」と催促した。

「これからM字開脚でチンポと金玉を丸見えにいたしますので、
色や形の品定めして下さい。」
とサトルは顔を強張らせ言われた台詞を呟いた。

敗北の言葉を聞いて勝ち誇ったように清美が
「そんなに品定めして欲しければ、笑顔でチンポおっ立ててみなさいよ!」
と羞恥心を煽った。

それに続き他のマダム達が
「次はバックからアナルを撮るわよぉ!」
「自分でアヌス、拡げて~」
「ふふっ、肛門の周りまで毛がはえてるのね。」
好き勝手に羞恥責めに酔いしれている。

羞恥責めと撮影でサトルのペニスはいつの間にか腹に着かんばかりの起立を見せていた。

それを見て堪らなくなった年増のマダムが
「ね~清美さ~ん。そろそろチンボの味見してみなぁ~い!」
と切り出した。

「そうね、ビン起ちチンポの試食タイムを始めようかしら!」
と清美は悪戯っぽく新妻のような口調をしてみせた。

すかさず年増のマダムが
「年長の私からいただいてもいいかしら~ん!」と起立をしごき始めた。

「サトル、お客様におねだりするのよ!」
と清美に尻をピシャッ!と叩かれ、たまらず教え込まれた台詞を口にした。

「奥様、味見しやすいようにチンポをビンビンに勃起させますので、
玉から先っぽまで存分にオシャブリして下さい。」

それを聞いて年増のマダムは
「お言葉に甘えて」
と舌先で尿道辺りを集中てきに攻め立てた。

「はぁ~ああ!」
とたまらずさとるは悶え声を上げる。

「もう感じてるの?まだ5人も残ってるのよ!イッちゃっても
ノンストップで試食タイムは続けるからね。」
と乳首に愛撫をくわえた。

「感じてるお顔、素敵よ~」
と面白そうに別のマダムが撮影している。

サトルの男を隈なく味見したマダムは上がりきった睾丸を揉みながら、
スッポリ頭を咥え込んだ。
「んん~っ」
と興奮した鼻息を漏らしながら、舌のザラザラした面で
パンパンに膨らんだ亀頭の裏を責め立てる。

「ああ~、もうだ、だめです!」と清美に切ない声で訴える。
「いいわよ~、お射精はここにお願いね~」とボルドーのワイングラスを掲げた。

「あっ、いく!」
サトルは勢い良くカメラの前で射精し、グラスには青臭い樹液の香りが立ちこめた。

精液をワイングラスで受け止めた清美は
「さぁ~ノンストップ試食タイムの始まりよ~ん!」
とビデオカメラに向かってウィンクしてみせた。

すでにマダムたちの濃厚な試食タイムは1時間以上過ぎていた。
5人目が終わり清美がしなやかな手淫の技を披露しながら
「これから男の潮吹きをお見せしますわ~!」
ともう一方の手のひらで円を書くように尿道口を刺激した。

「あっ、ひ~。や。やめて!漏れちゃいます!」
さとるは悶絶した。

「うふっ。まだまだ、これからよ~」
と清美はさらにスピードを速めた。

「ひぃ~だめ~」
と叫びながらサトルは小便を噴射し失神した。

テーブルの上にワイングラスが1つ、、、
それを取り囲む6人のマダムたち。

「さぁ~皆さん、そろそろザーメンのテイスティングしようかしら?」
清美はグラスに鼻を突っ込み、若い樹液の香りを楽しんでいた。



初期の作品の再投稿です。

テーマ:女性上位万歳を再開いたしました。 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/03/06(火) 15:32:31|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間稼ぎ2(7日間限定)

たくさんのDLありがとうございました。
(感想などいただけたら幸いです)

「社長清美zip」をDL~解凍してお楽しみください!
(7日間限定です)

感想、メッセージなどいただければ幸いです。

社長清美:音声別バージョン

(DLsiteの物とは別バージョンになります)

テーマ:女性上位万歳を再開いたしました。 - ジャンル:アダルト

  1. 2011/03/22(火) 16:57:45|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

社長清美2



”男性ミルク搾り”を目の前にして新人女子社員達は

「まぁ、すっご~いっ!」

「溜まってる、たまってるぅ~♪」

「すごい量!本当にミルク搾ってる見た~い!」


「さっきからぁ、ずぅ~っと寸止かましたったからタップリ出たやろぉ?」
 詩子が自慢げに言うと

「ほらぁ、貴女達も感心してないでマネージャーに負けないくらいの
 チンポ搾りで、恥知らずなマゾ牛を死ぬ程気持ちよくしてあげなさいよ!」


清美は女子社員達を嗾けると、サトルの背後に回って手仕事がしやすい様
男桃を割開いた。

「そこの三人組ぃ、まだチンポ触っとらんやろぉ?遠慮せんと搾ったりぃ!」
詩子も1番若い順の3人にミルク搾りに参加出来る様はからった。


「え~キャ~」

「そんなぁ~ありえなぁ~い」

「わたしぃ男の子のオチンチンなんて恥ずかしくて
触れませ~ん!」


大げさにカマトトぶる3人に

「さっきからぁヨダレ垂らしてチンポみてたのぉ知ってるでぇ!
それに毎月入店する新人ホストの検査の時ぃ、一番先にぃメジャーで
チンチン計るのアンタ達やろぉ?」


「あはぁはぁはぁ~」

「そぅで~すっ♪」

「じゃぁ、あたしから行きま~すっ!」

ポニーテールの一人が女子高生の様な仕草を見せると素早く詩子の横に
しゃがんでマゾ牛のミルク搾りを開始した。

「あんたぁ可愛い顔して、ホントやらしいなぁ!
そんな技ぁ誰に教えてもらったぁん?右手と左手別々に動いてるでぇ!」


自分を棚に置きわざと驚く詩子に

「なにいってるんですかぁ!あたしぃマネージャーのマネしてるだけ
ですよぉ♪」

そう言って舌を出した。

「こんなかわいい子ぉに搾ってもらってぇマゾ牛冥利につきるやろぉ?」

股の間からサトルの顔を覗くと

「もっ、もうダメです~くっ、くすぐったい~!」

そう言って腰をくねらせた。

「ほらぁ、動くんじゃないわよっ!!」

清美から尻ビンタの一括が入ると“クッ”と肛門に力を入れ敏感な口先から
意識を遠ざけるしか無かった。

「あぁ~またかたくなってきてるぅ~」

「あの技つかっちゃいなさいよぉ!」

ペニスの反応を見つけて二人はポニーテールの女子社員に得意の手技を
催促した。

「じゃぁ~先っぽナデナデ、いきまぁ~すっ!」

そう言うと睾丸をマッサージしていた左手の平を亀頭の先に当てがい
素早くローリングさせた。

そして意表をつかれ想像以上の刺激を加えられたサトルは

「ダっダメぇ~おシッコ漏れちゃう~っ!」

決壊寸前の声で悲願した。

「漏らすんじゃぁ無いよっ!!
どうしても小便していんなら片足思いっきり挙げて、気の利いた台詞で
犬の立ションお願いするんだよ!」

言い終わると清美はいきなりサトルの足首を掴み、高々と自分の肩の高さ
まで持ち上げた。

脇にいた女子社員はコップの代わりにバケツを宛てがうと

「いつでもシーシーOKで~すっ!」と立ち小便の準備を整えた。

亀頭マッサージで膀胱が崩壊する寸前、切羽詰まったマゾ犬は

「キャっ、キャイ~ンっ!
ご覧下さ~いっ!人間のプライドなんて
捨てちゃったサトルは、おっ、大勢の前でも
こ~んなチンポ丸出しワンワンポーズで
お漏らし出来ちゃうんドゥぇ~すっ!
どうでうか~、ハァハァハァ
こんな格好で”ションベン”ぶっコケるなんて
犬以下、ハァハァハァ、家畜以下でしょ~♪」


我慢の限界から解放されるため、普通の人間では到底出来ないような
浅ましい排泄行為を人間のプライドと引換えに披露してみせた。



テーマ:女性上位万歳を再開いたしました。 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/11/20(金) 19:35:36|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

社長清美2



「何なのそれ!
なんでそんなに亀頭テカテカにしちゃってるの?
お前はホントいやらしい雄犬ね!
こんなに先走らせて恥ずかしくないのっ!」


清美は男蜜でぬれ光っている尿道口を人差し指でなでるとサトルの
顔の前で糸を引いて見せ、サトルを睨みつけると厳しく叱咤した。

「お前みたいな節操のないバカ犬には、チンポ握手の前にミルク搾りで
汚らしいザーメン空っぽにしなきゃいけないわねぇ?
ねぇ詩子マネージャー、得意の手技でミルク搾り手伝ってもらえるかしら?」

意味ありげに微笑みながら詩子に流し目で合図を送った。

「はい社長!了解です」

詩子はホクホク顔で
覚悟しいや~!これからアタシの高速手コキで金玉カラカラに
なるまでぇ、ザ~メン搾ったるからなぁ!」

そう言ってサトルの側にしゃがみ込んだ詩子は熱い鉄肉棒を掴むと
いきなり高速で元風俗嬢の手仕事を披露した。

「あっ、はぁ~っ」

鼻にかかった悶えを漏らす餌食に対して
「なんやその情けない声ぇ、
お前は乳牛なんやでぇ、ちゃんと牛らしい鳴き声で可愛く悶えてみぃ!」

そう言うと歌子は目の前に縮こまっている金玉袋を“グイっ”と
握ってペニスとは反対方向に思いっきり引き延ばした。

「ひっ、ひぃ~っ!」

素っ頓狂な悲鳴を上げる性家畜に

「そんな声ぇ出してぇ、ほんとお前は根性ないなぁ。
こうやって玉引っ張って刺激すると、たっぷりミルクが搾れるんや
でぇ~
どやぁ、ごっつ堪らんやろぉ?
ほらぁ、気持ちエエんやったらチンポ牛らしい声ぇで鳴いてみぃ」


更に“グイグイ”引っぱり、四つん這いの格好を崩せないまま悶える
性家畜に苦悩と快楽の二重奏で人間の壁を崩壊させた。

「モっ、モ~オ~っ!モォ~ッ!!」

鼻孔を拡げ涙声で快楽の切鳴き声を発すると女子社員達から
“イヤぁ~”と蔑みの声がこだました。

「よかったわねぇ、素敵なご主人様に直接搾っていただいて家畜冥利に
尽きるでしょ?
ほらアナタ達も見てないで、このコップがいっぱいになるまで
ミルク搾ってあげなさいよ」

そういって一人の女子社員にガラスのコップを手渡した。

5分と経たないうちに詩子の手淫に崩壊寸前の家畜は
「も、もう、だ、だめですぅ」と泣き声を漏らした。

「もう?発音が違うでしょ!
ミルク出す時は牛らしく鳴くんでしょっ!!」
近くにいた女子社員がペニスの下にコップを当てがいながら
叱咤すると

「モ、モ~ウ~っ!あっ、あは~んっ!
モ~~ウっいっく~ぅんっ!!」


サトルは素っ頓狂な声で鳴きながら性ミルクを搾り出した。


テーマ:女性上位万歳を再開いたしました。 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/10/04(日) 17:57:25|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

無修正おすすめサイト




ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX




最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
お知らせ (9)
CG (22)
小説 (12)
ショートストーリー (14)
過去物 (6)
CM (23)
コラ (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。